EC Boosterの使い方EC Booster成功事例・使い方

はじめてのGoogle広告でも安心!広告成果に関する重要キーワードを解説!

はじめに

こんにちは。EC Boosterサポートチームです。

広告配信を始めてEC Boosterの管理画面を見るようになったけれど、
「インターネット広告が初めてなのでいまいち表示されている単語の意味が分からない…」
「数字をみても何を考えればよいのかわからない…」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな方のためにEC Boosterの管理画面に表示されるキーワードの意味についてご説明します。

※基本的な管理画面の確認方法についてはヘルプページをご覧ください。

キーワードの意味を正しくご理解いただいてショップ運営に役立てていただけると嬉しいです!

まずは実際の管理画面をみてみましょう。
特に注目して見ていただきたいのが、上部の各種数値です!

広告成果における重要指標3つ!

まずサマリーレポート右上の部分に表示されるキーワード4つについて説明していきます。

1.表示回数とは

表示回数はGoogleの検索結果上に広告が表示された回数のことです。
この数字が大きいほどより多くのユーザーに商品広告が届いていることを表しています。

Googleショッピング広告は表示回数を上げて、ユーザーに認知してもらうことから始まります。

それぞれの広告にはランクがつけられており、このランクが高いほどより見やすい位置に表示される可能性が高くなります。広告ランクは商品タイトル、商品説明、リンク先の商品ページの使いやすさなども大きく影響しています。広告表示のロジックについてはこちらのコラムをご覧ください。

商品タイトルや商品ページ等を見直して、まずは表示回数をあげていきましょう!
※商品タイトルのつけ方はこちらのコラムをご覧ください。

2.クリック数とは

クリック数は実際にEC Boosterの広告をクリックして商品ページに訪れたユーザーの数を表します。
広告が表示されるようになってきたら、いかにユーザーに広告をクリックしてもらうかが大事になってきます。

もしユーザーとしてショッピング広告を見たときに、どんな広告だったらクリックしたいと思うでしょうか?

Googleショッピング広告の大きな特徴の一つとして画像付き広告であることが挙げられます。ですのでテキスト広告とは違い商品写真の魅せ方がクリック率に大きく関わってきます。

よりユーザーにクリックしてもらうための写真のコツについてはこちらのコラムを参考にしてみてください!

3.購入数とは

購入数はEC Booster経由で商品が購入された数を表しています。EC Boosterが関与せず(自然検索やSNS等経由で)購入された数は計上されません。

Googleショッピング広告クリックをして訪問するユーザーは高い購買意欲を持っていることが多いです。
購買意欲の高いユーザーを魅了して商品を購買してもらえるようなページをつくっていくことが大事です。
そのためにはユーザーにとってわかりやすい説明や表記やユーザーにとって魅力的な写真を考えていくことが重要です。

ユーザー目線で商品ページを作ることによって、購入率も上がっていきます!

※EC Boosterの購入数カウント方法についてはこちらのコラムを参考にしてください。

ショップ運営における重要指標4つ!

次は中央上部に表示されているショップ運営に関わる重要な4つのキーワードについてご説明します!

1.売上

売上はEC Booster経由で発生した売上の総額です。
購入数同様、EC Boosterが関与せず発生した売上は計上されません。

2.手数料を含むサービス利用料金とは

手数料を含むサービス利用料金は、Googleに実際に支払った広告費と、EC Booster手数料を含んだ現在の広告費用の総額です。

3.顧客獲得単価 CPA(Cost Per Acquision)とは

CPAは1件の購入を獲得するまでにかかった費用のことを表します。

例えば30,000円の広告費用で10件の購入を獲得した場合、 30,000円 / 10件 = 3,000円/件 でCPAは3,000円になります。

4.投資した広告費に対する売上 ROAS(Return On Ads Spend)とは

ROASは広告の費用対効果を確認する際に使用する指標です。

例えば広告費1,000円で3,000円の商品が売れた場合、 3,000円 / 1,000円 * 100% = 300% でROASは300%になります。

どのくらいのROASが適正かどうかは扱う商材や利益率にによっても変わってきますが、高いほどより効率的に広告が配信されているということになります。
ROASの数値が上がってきたタイミングが広告予算の増額を検討する適切なタイミングです!こちらの記事をご覧いただき、サポート窓口までお気軽にご相談ください。

おまけ

EC Boosterでは、広告成果の詳細をキーワード別、商品別で確認できるレポートも提供しています。
それぞれのレポートの詳しい使い方については、下記のコラムを見てみてください。

集客だけじゃない!EC Boosterのキーワードレポートを活用してサイト改善を行うための方法をご紹介
商品別の広告成果を分析して自社ECの改善点を見つけ出す!EC Boosterの商品別レポート活用方法を徹底解説

最後に

管理画面上で確認する重要な指標についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか?
各指標の数字の意味について正しく理解することで効率的なショップ運営につながっていきます。

その他管理画面での確認方法についてはヘルプページを参考にしてみてください。

また、EC Boosterご利用中にご不明点がありましたらサポート窓口( customer_support@ecbooster.jp )までお問い合わせください。

この記事を書いた人

株式会社フィードフォース
EC Boosterチーム マーケティング・CS担当

EC Booster広告運用チームに参画後、EC Boosterの広告運用自動化ロジックの開発や、Googleショッピング広告を活用した売上拡大施策提案など、自社ECサイトでのWeb広告活用のサポートに従事。「価値ある商品を世の中に流通させたい」という信条のもと、一貫してWeb広告を活用した自社EC集客の支援を行っている。

森一真をフォローする
EC Booster ラボ
タイトルとURLをコピーしました