ノウハウ集Google 無料リスティング 最新情報Google 無料リスティングの効果改善

「Google 無料リスティング」に表示されない?「拡張リスティングの不承認」問題について

「Google 無料リスティング」に表示されない?「拡張リスティングの不承認」問題について

必ずしも表示されるわけではない「Google 無料リスティング」

2020年10月から国内でもリリースされた無料でGoogleに自社商品を掲載できる「無料リスティング」ですが、商品掲載が不承認となるケースが見受けられます。

理由としては、Googleが定める基準に対して、登録している商品データの属性数が足りない、内容が仕様に沿っていない場合、商品データの品質が低いため不承認になり、Googleの検索結果に表示させることができません。

詳細は後述しますが、無料リスティングは「標準リスティング」と「拡張リスティング」の2種類に分けられます。
現在発生している無料リスティングの不承認 = 拡張リスティングにおける不承認が発生している状況であると言えます。
(以下、「拡張リスティングの不承認」と呼びます)

「Google 無料リスティング」で必要となる商品フィードの仕様

続いて、正しく商品が掲載されるためにはルール = 仕様を理解しておくことが重要です。

おさらいとして、Googleに無料で自社商品が掲載できる「無料リスティング」とは?では、無料リスティングの掲載場所は下図で示す箇所に掲載されることをお伝えしました。
無料リスティングの掲載場所の例

無料リスティング掲載は2種類ある

無料リスティングは掲載場所に応じて「標準リスティング」と「拡張リスティング」という2つの種類に分けられます。

標準リスティング(主に「すべて」タブ、「画像」タブ)
必要最低限の商品情報を提供するだけで表示されるが、表示される項目も少ない
拡張リスティング(主に「ショッピング」タブ)
標準リスティングよりもリッチな表示が可能だが、より豊富な商品データを提供する必要がある

2021年1月現在、日本に提供されている無料リスティングプログラムでは「ショッピング」タブに表示される拡張リスティングのみとなっているため、「すべて」タブや「画像」タブに標準リスティングはまだ掲載がされません。

標準リスティング
次に挙げる属性のみをGoogleに提供している場合は、標準リスティングの掲載対象として扱われます。

id [ID]
title [商品名]
link [商品リンク]
image_link [商品画像リンク]
price [価格]

拡張リスティング
コンテンツ量が豊富な形式で「ショッピング」タブに表示させるためには、上記の標準リスティングで必要となる属性に加えて次の属性の登録が必要になります。

  • すべての商品で必須
    • description [商品説明]
    • availability [在庫状況]
  • 中古品ごと、再生品で必須
    • condition [状態]
  • ブランドまたはメーカーが明確に関連付けられた商品ごとに必須
    • brand [ブランド]
  • メーカーによって GTIN が割り当てられているすべての商品で必須
    • gtin [gtin]
  • メーカーによって GTIN が割り当てられていないすべての商品で必須
    • mpn [製品番号]
  • 商品がマルチパックの場合に必須
    • multipack [マルチパック]
  • 商品が一括販売の場合に必須
    • is_bundle [一括販売商品]
  • ファッション・アクセサリーの場合に必須
    • color [色]、size [サイズ]、age_group [年齢層]、gender [性別]
  • 商品バリエーションで必須
    • item_group_id [商品グループ ID]
  • Merchant Center で送料設定をオーバーライドする必要がある場合に必須
    • shipping [送料]
  • Merchant Center でアカウントの税金設定をオーバーライドする必要がある場合に必須
    • tax [税金]

また、これ以外に重要なポイントを挙げておきますと、拡張リスティングは送料をあらかじめ設定することが必須です。
商品データ(商品フィード)で shipping [送料] 属性を使用して送料を設定するか、アカウント単位で送料を設定する必要があります。

詳しくはGoogle公式ヘルプページ「送料設定について」「送料を設定する」をご覧ください。

実際の無料リスティングにおける掲載率はどのくらい?

EC Boosterにおける数字になりますが、必要とされる商品データの属性や品質がGoogleの基準値を満たすと判断され、無料リスティングに掲載されている店舗は、フリープラン利用店舗のうち、現時点(2021年1月現在)で約半数程度になります。

また、商品カテゴリーなどによってもこの掲載率はバラつきが見られます。
アパレルに関しては、利用可能な属性が多いこともあり、不承認率が高くなっています。

自分のショップが「拡張リスティングの不承認」状態になっているかを確認する方法

ステップ1:Google Merchant Center にログインする
ステップ2:画面左のナビゲーションメニュータブ[掲載結果]から[マイレポート]を押下
赤枠で示している「No data to display」と記載がある場合、拡張リスティングの不承認が発生しています。

Googleマーチャントセンターで「拡張リスティングの不承認」状態になっているかを確認する方法1

ステップ3:画面左のナビゲーションメニュータブ[診断]から[アカウントに関する問題]を押下
赤枠で示している「お客様のアカウントは拡張無料リスティングをご利用いただけません」と記載がある場合、拡張リスティングの掲載要件を満たせていない状況です。
Google公式ヘルプページ – 「修正方法: 拡張リスティングの対象外です」

Googleマーチャントセンターで「拡張リスティングの不承認」状態になっているかを確認する方法2

不承認の理由は様々な要因が考えられますが、特に多い理由としては下記が挙げられます。
・拡張リスティングに必要なすべての必須属性を登録できていない
・該当商品がGoogleに無料で掲載するためのポリシーショッピング広告のポリシー違反である

どの商品が原因で不承認になっているかを確認する方法

ステップ1:Google Merchant Center アカウントにログイン
ステップ2:ナビゲーション メニューから [商品] を選択し、次に [診断] をクリック。
ステップ3:[商品アイテムに関する問題] タブをクリックして、現在商品に影響している問題を確認

Googleマーチャントセンターでどの商品が原因で不承認になっているかを確認する方法1

ステップ4:フィルタボタン→[送信先] の順にクリックし、プルダウンメニューから [無料リスティング] が選択されていることを確認

Googleマーチャントセンターでどの商品が原因で不承認になっているかを確認する方法2

ステップ5:[リスティングのタイプ] をクリックし、プルダウンメニューから [拡張リスティング] を選択
これにより、商品アイテムの不承認の原因となる問題のリストが生成されます。

Googleマーチャントセンターでどの商品が原因で不承認になっているかを確認する方法3

拡張リスティングの不承認における EC Booster としての対策

EC Boosterでは、数百社を超える店舗様の無料リスティング掲載における承認/不承認状態を分析することによって、より適切に多くの店舗様が「拡張リスティングの不承認」状態を解消するための新機能「商品データ改善アドバイス機能」を開発中です。

この機能を通じて、商品データをカイゼンすることで、利用ショップは「拡張リスティングの不承認」状態を解消することができるようになります。

早くこの機能をお届けできるよう、鋭意開発中ですのでお楽しみに!

Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」とは?

EC Boosterは既にGoogle ショッピング広告運用で1,000社以上の導入実績を持ち、Googleにおける商品活用の第一人者です。
この機会にぜひ、EC Boosterで「無料リスティング」を始めてみましょう!

この記事を書いた人
川田 智明

株式会社フィードフォース
事業統括本部 SaaS 事業部長 EC Booster チームマネージャー

入社以降、複数事業の立ち上げ~事業拡大を担い、得意領域は「集客業務の自動化」。
Google社主催セミナー登壇をはじめとする講演活動、書籍執筆など業界内における普及に向けても活動中。
著書「いちばんやさしいデータフィードマーケティングの教本」

川田 智明をフォローする
EC Booster ラボ
タイトルとURLをコピーしました